この仕事が大好きだ!そう伝えたいあなたが綺麗で幸せでなければならない理由

げんどうゆうこ
今回は、新しい場に参加する時にどんなところを見て参加を決めますか、という記事です。皆さんはどうですか。

 

何かの新しい講座、コミュニティに参加するかどうかを決めるとき、あなたなら何を見て参加する、しないを決めますか。

 

 

 

流行っているから?

 

 

 

またはまだやっている人が少ない分野だから?

 

 

 

有名な人とつながりが出来そうだから?

 

 

 

どんな理由でもその人なりの基準なので、良いと思うのですが、私が選ぶときの基準は「女性がいるか」と「綺麗で幸せそうな人が多いかどうか

 

が1つの基準。綺麗で、というのは美意識が高い人がどれだけいるかという話です。

 

 

基本的にほぼ男性のコミュニティで、女性にとって心地よく過ごせて、これからの社会に求められる言葉が生まれると考えづらい&私が出会ったことがないため、女性がいない場はなるべくパス。( 女性の感覚って繁栄のサインだと思っているので、女性がほぼいないコミュニティに繁栄を感じない )

 

 

なので、今の私はある程度は女性がいる場に参加したい。 そして、その特にその女性の美意識が高くて綺麗な人が多いコミュニティが良い。(男性も身綺麗で、その人に似合うスタイルをしているかが大切)

 

 

 

例えば、仕事で成功するセミナーみたいなイベントがあったとして、講師の人が幸せそうじゃなかったら、それは無言の「成功するけど幸せにはなれません」というメッセージだし、見た目がダサかったら「成功するけど、自分を省みる時間はありません。(または省みる自分にはなりません) 」です。

 

 

「仕事が大好き!」という人がいても、その人自身が激務でお肌ボロボロ、とかだとそれもまた無言の「激務で自己犠牲してるうえでの大好き!です」だし。

 

 

 

コミュニティもそれと同じ。色んなコミュニティの写真見るけど、黒い服ばっかり着ている人が多いとか、そもそもダサい人が多いと「私たち、見た目は気にしない集団です」に見える。

 

 

 

そういう人たちがいてもいいけど(あくまで好みの問題だし)、私は好きなことをする、自分に必要な新しいことを学ぶ、やりたいことをして輝いている人は、例外なく、自分を細かく知っていて、ちゃんと自分の好きを選んだり、自分らしい格好が出来る人だと思っています。

 

 

例えば、「このピアス、どっちが好き?どっちが似合うかな?」「この靴はどう?履いていて気分いい?」「このメイクはどう?今日の格好とあってる?私自身が好きと感じる?」と細かく「自分の感性を知る習慣、癖がついている」からこそ、仕事や学びや、生活の「これ好き!やりたい!」がきちんと捉えられる。

 

 

もしかしたらこれを読んで、小さい「好き」よりも大きい「好き」の方が分かりやすい(気づきやすい)んじゃないですかと感じる人がいるかもしれない。 それはそうなんだけど、でも、それは純度の低い「好き」です。

 

 

ここはちょっと、日々の中で細かく自分を観察する習慣がついて、「好き」の純度が上がった体験がないとなかなか捉えづらいかもしれません。

 

 

自分のことは全く省みない習慣を生きている人が思いつく「好き」は誰かのため、つまり誰かの好きが、自分の好きより入り混じっていて、「120%自分の好き!」ではない、と書いたら少し伝わるかな。

 

 

とにかく、私は自分の好きの純度が高い人と時間をともにしたいので、綺麗な人が少ないコミュニティには入りたくないのです。  (※ ここまでちゃんと読んでもらえれば分かると思いますが、綺麗な人というのは美意識が高く、自分の好きな格好、自分らしい似合うスタイルをしている人という意味で、顔の造形が美人とかそういう話ではありません)

 

 

以前友人に、コミュニティをマネジメントするときに、コアとなる人はどんな人を選ぶか聞いたら「複数名立候補があったら、美意識の高い、綺麗な人を選ぶ」と回答されていて、非常に理にかなっているなと思いました。

 

 

「これ、すごくいいよ!」と誰かに何か(物とかの商品でも、セミナーとかの体験でも)を勧められたとして、そもそも、幸せそうな人に勧められないと説得力がない。 だって自分にとって幸せそうな人が使っているもの、学んだこと、体験したことって知りたいでしょ。

 

 

そして、その人が綺麗でその人らしさ溢れる人なら、更に説得力が増すというもの。

 

 

 

もし、自分が普段、「好き」とか「自分らしい」を選んでいるかが分からないと言う方がいましたら(その発言が思いつく時点で選んでない可能性大ですが)、良い方法があります。

 

 

それは、今この瞬間の自分が着ている服、持っているものを見てみること。今、着ている服、身につけているアクセサリー、時計、持っているカバン、ノート、ペンetc. どれもあなたが「これ好き!」や「これは私に似合うはず、私らしい!」と思って選んだものですか。今の髪型はメイクはどうですか。

 

 

「いや、今着ているものはたまたまそんな好きじゃないよ」そんな言い訳の言葉が心に浮かぶ人もいるかもしれません。でも、今この瞬間のあなたの存在こそが、日頃の積み重ねの100%の実力。あなたが選んでいる自分自身です。

 

 

 

最初の問いに戻ります。

 

 

 

 

何かの新しい講座、コミュニティに参加するかどうかを決めるとき、あなたなら何を見て参加する、しないを決めますか。

 

 

 

そしてもし、あなたが講座やコミュニティを紹介する側だとしたら、「周りが『この人に紹介してもらいたい』と感じるあなた自身ですか」===============================
開催イベントご案内


月に1度の「非構成の場」 寝待月の円坐
次回は9月27日(木) 19:00〜22:00です。
Ordinary worldの中尾聡志さんと共催


「死の対話」 〜死を見つめることは、生を見つめること〜
次回は10月10日(水) 19:00〜21:30です。
INTEGの佐々木薫さんと共催


はじめての方もぜひ、お気軽にご参加ください。
================================