わたしたちのいろ

ファシリテーター ・ システムコーチの玄道優子のブログ。自分自身と他者の関係性を探求する私が、本音ばかりを語ります。

*

  • Facebook
  • Twetter
  • RSS

NPO × ソーシャルメディア プロフェッショナルからNPOへのメッセージ

      2016/10/14

たまに英文記事をNPOサポートセンターさんへ寄稿させていただいているのですが、今回はイギリスで開催されたソーシャルメディアのプロフェッショナルたちのフォーラムのレポートを訳させていただきました。

翻訳は、英語が読めて直訳出来るだけではダメで、読者が翻訳文と知らずに読んだ時に、すっと違和感なく読めるかどうかがポイントだと思うのですがまだまだですね。。

翻訳文はこちらから▽

スクリーンショット 2014-02-07 23.57.26

日本のNPOのソーシャルメディアの活用はどうなのでしょうか。周りにNPO関係の活動をされている方は多いので、アカウント自体は持っている団体が多いように感じますが ( 私はTwitterでリスト作成してます) 戦略的に活用できている団体は多くないのかもしれません。

ただ、ユーザの声をきくことに積極的な、代表レベルの方々がTwitterなどでエゴサーチし、サービスに対してネガティブな意見を発言しているユーザに話しかけている様子をたまに目にしますね。 そういう活用の仕方はさすがだなぁと思っています。

うちの団体のFacebookページも何を投稿したらいいのかなぁと思うことがしばしば。記事を翻訳しつつ考えてみたのは、


  • エンゲージメントが高い投稿を分析 (どんな投稿が効果が高いか?)
  • パラレルキャリアや働き方、NPO側のプロボノ活用の記事などを紹介する
  • ハッシュタグやリンク、タグ付けをもっと活用する
  • ユーザの声を集めて紹介する
 

とかが出来るのかなぁ。

あと、記事の中でソーシャルメディアを活用して得たいゴールを定義せよ、というような話があるのですが、これもきっちり決めている団体は多くないように思います。もんじゅのFacebookページも、サイト自体を認知度を向上させ、これまで知らなかった範囲にリーチしたいと思って活用したいのですが、きちんと話しあったり、じゃあそのためにどんなことを投稿しよう!と話し合ったことはありません….。それをやるか。

まだ、戦略的に活用できている団体が少ないからこそ、目的やそのための投稿内容を話し合い、全員で運用できるような体制がとれるようになると、1歩抜きん出られるようになるのかもしれませんね。

原文はこちらから▽

スクリーンショット 2014-02-07 23.55.32

===============================
開催イベントご案内

死について言葉にする場を始めました。
4月25日(水) 19:00〜21:30
次回は「死の対話」 〜死を見つめることは、生を見つめること〜です。
INTEGの佐々木薫さんと共催

月に1度の「非構成の場」
4月26日(木) 19:00〜22:00
寝待月の円坐
Ordinary worldの中尾聡志さんと共催

5月18日(金) 19:00〜22:00
ヒロインズ・ジャーニー 〜女性目線から私たちの「働く」を話してみる〜

はじめての方もぜひ、お気軽にご参加ください。
================================




 - マーケティング , , ,