問題を解決したいときには ” ポジティブデビアンス ” という視点を持つべきだ

げんどうゆうこ
今日は、問題解決をしたいときに助けになりそうな「ポジティブデビアンス」という考え方をご紹介します。元々本を読んでいて知っている視点ではあったのですが、それを「ポジティブデビアンス」と称していることを最近知りました笑。物事を好転させる視点が欲しい方向けの記事です。

 

物事を好転させてたいときの持つべき視点

物事を好転させたいときにもつ視点の中で代表的なものは、課題解決アプローチとポジティブアプローチだと思います。

 

課題解決アプローチ
足りないところ、できていないところに目を向け、そこを埋める解決方法を考えるアプローチ。ギャップアプローチとも言います

ポジティブアプローチ
価値があるところ、できているところに目を向け、そこを高める施策を考えるアプローチ

 

以前、どこかの記事でもご紹介しましたけど、満足度調査を行ったときに不満足の原因を分析して、解決しようとするのが課題解決(ギャップ)アプローチ、満足の要因を分析して、施策を考えようとするのがポジティブアプローチです。



どちらも大切なのですが、どちらかと言うとわたしたちの視点は「課題を見つける」(=できていないところに目を向ける) 傾向にあるので、わたしがチームや組織に関わるときには意識的に「すでにある価値」に目を向けるように意識しています。

 

ポジティブデビアンスとは?

長い間、何か物事を好転させたい、変化を起こしたいときにはこの2つのアプローチを意識することを考えていました。ただ、ポジティブデビアンスを知ってから施策を考えるときの視点がもう1つ加わりました。

 

ポジティブデビアンスとは直訳すると「前向きな逸脱」です。同じ条件でより成果を挙げている人に着目し、その人が行っている施策や行動を広げていく、というもの。

 

図で見た方が分かりやすいと思うので、図で示してみます。下記は、何かしらの軸で社員の業績評価を行ったグラフだと思ってください。



このとき、多くの人が「成果が上がっている人は何をしているのか?なぜ成果が高いのか?」「成果が低い人はなぜ成果が低いのか?」に着目しがち。

 

ですが、グラフのオレンジの ● の人は、例えばこの業種について割とすぐの人、リソースがない人など、他の人の条件面と比較して不利な状況にも関わらずこの位置にいるとしたらどうでしょうか?

 

また、右上の成果が上がっているグループに入っている人は、例えば社歴が長い、役職がついていてリソースがあるから成果が出しやすかっただけだったとしたら?

 

ポジティブデビアンスとは、最終的な結果ではなく、成果の上がり具合、つまり同じ条件でより成果が出せている人のとっている行動に着目し、それを普及させていくという方法です。

 

結果が平均的であったとしても、条件が悪い中で平均点をとっているとしたら? (同じ条件が悪い人は平均点を取れない中で)

 

それは良い条件を持っている人が成果を出していることよりもずっと価値がありますよね。

 

 

ポジティブデビアンスを活用した例

ポジティブデビアンスを活用した例として、ベトナムの栄養改善プログラムがよく例に挙げられます。(この話、私の好きな「対話型ファシリテーションの手ほどき」と言う本に書いてあったので、気になる方はぜひ読んでみてください。)

 

このプログラムの支援先は、栄養不足の子どもが多い村で「子どもが栄養不足になるのはなぜか?」と言う聞き込みをしていたところ、村人は「家が貧しいからだ」と答える人ばかりでした。

 

そこで、「経済的には貧しいけれど、子どもたちは健康な家はないのでしょうか」と聞いたところ「少なからずそう言う家がある」とのこと。そこで、村人はそう言う家に聞き込みにいくことにします。

 

そうすると、サツマイモのツルや、小さな沢蟹やあさりなど、村で手に入るのに食べるのに適さない、子どもに与えるべきでないと信じられているものをすり潰して子どもに与えていたことが分かったり、母乳を与える期間が長かったりと言うことが分かったのです。

 

他の人も同じ条件、環境の中を過ごしているので、この聞き込みで得た施策を他の家庭にも取り入れていき、この村の栄養不足の子どもは減っていくことになりました。

 

同じ条件でも成果を挙げている、この場合健康に子どもが過ごしている家庭から、その秘訣を聞いてその方法を展開していく、これがポジティブデビアンスを活用した事例です。

 

 

同じ条件でも、より成果を挙げている人は?

ポジティブデビアンスは正式なプロセスと言いますか、進め方はこちらに詳しく書いてあります。(私も、まだちゃんとは読んでいませんが…)

 

ただ、私は「同じ条件でも、より成果を挙げている人はいないかな?」とか「現状と成果への進み方」に着目する視点を持つだけでも、できることがあると思います。

 

組織の中でもこの視点を持つだけで、キラリと光るものを持っている人がたくさんいそう。成果をあげるとは、結果だけを見るのではなく「結果までの伸び方」が大切なんですね。

 ===============================
開催イベントご案内


月に1度の「非構成の場」 寝待月の円坐
次回は9月27日(木) 19:00〜22:00です。
Ordinary worldの中尾聡志さんと共催


「死の対話」 〜死を見つめることは、生を見つめること〜
次回は10月10日(水) 19:00〜21:30です。
INTEGの佐々木薫さんと共催


はじめての方もぜひ、お気軽にご参加ください。
================================