人は誰かに対しては誠実なはず。私が人間関係で辛い想いをしたときにとる行動とは。

げんどうゆうこ
今回は私が、人間関係で嫌な思いをした時に「こう考えるようにしている」という考え方をご紹介。人間関係の悩みって心に影響を与える度合いが大きいから、ネガティブな状況になったら立ち止まるようにしています。

 

今日は人間関係についての記事。
悩みの9割は人間関係について、と言われるほど、周りの関係に想いを馳せる人は多いと思います。

 

普段から好きな人とだけ付き合うよう意識している私でも、やっぱり人間関係については悩まされること、嫌な思いをすることもあります。

 

人間関係で一番大切なことは「適切な距離感」だと思っていて、たいていの問題は距離が近くなりすぎておきると考えています。なので、「最近この人と上手くいかないな」とか「この人とはコミュニケーションしづらくなってきたな」と感じたら相手との距離感が近くなりすぎていないかを見直します。

 

 

例えば、恋人に依存しすぎていないかとか、仕事仲間に求めすぎていないかとか、そもそも自分にとって「今」心地よい相手を選べているか、とか。

 

 

人間関係で辛い辛い症候群の方って、どの関係にどんな人を求めるのかが分かっていないことが多い。で、分からないまま何となくその関係を続けてしまう、と。もちろん、知っていたら何とかできるなんてそんな容易い話ではなく、私もよくやってしまっています。

 

 

例えば、私は一緒に仕事をするなら「仕事がその人の生き方になっているレベル」「高い自己肯定感、または自己確信」を求めるので、かなり自分のことを分かっている人(私、ではなくその人がその人のことを分かっているという意味)が良いのですが、お客さんだったら同じレベルは求めません。その人なりに仕事を好きな人だったらいい。

 

 

恋人なら「女性を最大限尊重すること」「小さな感謝や愛情を見える形で表現すること」「好きなことをしている人」を最低限求めますが、知り合いなら別に全部満たしていなくても付き合えます。ふとした時に気にかけてくれて言葉をかけてくれる、それだけでもOKです。(知り合いならね)

 

 

だから人間関係で辛くなる時はたいてい、目の前の相手との心地よい関係を分かっておらず、自分または相手が勝手に距離を詰め過ぎだと思っています。

 

 

距離感て自分が間違えていることもあるし、相手が間違えているのに、それを自分が無意識に許しちゃっていることもあります。例えば、関係によって、アドバイスしてもらえるのが嬉しい人と迷惑な人がいますが、自分にとっては迷惑な人なのに、勝手にアドバイスしてくるのをイラついたまま聞いているとか。

 

で、距離感が違うなと思ったら相手を許せる範囲まで距離をとるようにします。それが究極「他人になること」ならサッと他人に戻ります。冷たいように感じるかもしれませんが、不快に感じながらその人と一緒に時間を過ごすより、「相手は相手」とその人を変えようとせず、自分とは距離をとる方が私にとっては優しさです。

 

人が自分と時間を過ごしているときに「この人、苦手…」とか「この人嫌なんだよな」と思いながらお付き合いされるのは、私はすごく嫌なんです。相手が自分と時間を過ごしている=相手にとって自分は「好きな人」なのだと思って過ごしたい。

 

それでも人間関係でものすごく嫌な想いをすることもあります。良い人だと思って付き合っていたのに、仕事を横取りされたとか、相手の常識に私が合わせるのが当然という態度をとられたりとか、お金の話をしたら人が変わったとか。。。

 

そういう時って腹立たしいし、悲しいし、人を信じられなくなるし、ものすごく辛い。何なら他の人も同じことするんじゃないかっていう疑いの気持ちまで湧いてしまう。

 

でも、そんな時は「相手は私に誠実じゃなかっただけで、きっと別の部分で誠実なのだ」と思うようにしています。例えば、私の仕事をとった人がいたとします。(まぁ、ありますよねそういうこと)  その時、私はものすごく悲しい気持ちになります。なぜなら、私は、相手が自分との人間関係を大切にしてくれる誠実さを期待していたから。

 

でも相手にとっては私との人間関係より、仕事の実績という自分の欲望に対する誠実さが上位だったのかもしれませんし、仕事をして得るお金で家族を大切にしたいという誠実さが上位だったのかもしれません。

 

例えば、相手に勝手にアドバイスされて嫌な想いをしたとします。(私、勝手に役立ちたい症候群の方の押し付けアドバイスが大嫌いなんです) でも相手は私自身に喜んでもらいたい、本当の意味で力になりたいという誠実さよりも、自分が良い人であると自分で感じたいという自分の気持ちに誠実なのかもしれません。

 

残念ながら、私に対して誠実でありたいと思ってもらえなかった、それだけのことです。私に対して誠実でありたいと思ってもらえるような人間関係を私が築けなかったということだと思いますし、今後はより自分との関係を大切に、誠実に扱ってもらえる人と時間を過ごすようにしようと思います。

 

腹がたつ相手、嫌な相手がいたとしても一番の復讐は「自分が幸せでいること」です。その人に引きづられて嫌な感情にまみれて過ごすのって自分がHappyじゃない。

 

私は分かり合えない人、自分にとって心地よくない人と、どうやったら分かり合えるかにあまり命という時間を使いたくありません。社会は広いので「今のあなた」と一瞬で分かり合える人がいるはず。私は、今の私と瞬時に分かり合える人こそ、「今」私が過ごすべき相手と考えます。 そういう人と自分の人生、そして社会を良くしていくことに命を使いたいと思います。

 ===============================
開催イベントご案内


月に1度の「非構成の場」 寝待月の円坐
次回は12月17日(月) 19:00〜22:00です。
Ordinary worldの中尾聡志さんと共催

コレクティブ・ストーリー・ハーベスティング練習会
12月19日(水) 19:00〜21:00
*平出哲也さんと共催

「死の対話」 〜死を見つめることは、生を見つめること〜
次回は1月9日(水) 19:00〜21:30です。
INTEGの佐々木薫さんと共催


はじめての方もぜひ、お気軽にご参加ください。
================================