わたしたちのいろ

ファシリテーター ・ システムコーチの玄道優子のブログ。自分自身と他者の関係性を探求する私が、本音ばかりを語ります。

*

  • Facebook
  • Twetter
  • RSS

Q. フリーランスに向いてると思う? A. 人に聞くマインドセットな時点で向いてません。

   

私は27歳の頃から企業に所属せず働いています。なので、たまに「私も独立しようかな〜」という人に相談にのってと言われたり、「フリーランスって向いてるかな?」と人に聞かれることがあります。

 

独立する前提での相談ならのるのですが、「向いてると思う?」と聞かれてしまったら、私は大抵、「 そうですね…難しいと思います 」と答えてます。今年はここ数年で一番、会社員の人と話す機会が多く、この質問何度か聞かれたのでもうブログに書いとくけど…。

 

会社員の人は、他者評価で社内の中での働き方が決まるから人に「どう思う?」とか聞くのかもしれないけれど、フリーになったら何をするのも決めるのは全て自分。自分の人生を完全に自分で舵をとって生きる、それがフリーランスです。そもそも、もし長年会社員をしている人なら、フリーは向いていない可能性の方が高いです。会社員として働けるスキルとフリーとして働けるスキルは別物だから。

 

そもそも人に向いてるかどうか聞く時点で、自分のニーズより人のニーズを汲もうとする傾向がある人だと思います。

 

自分のニーズが分からない、それを大切に出来ない人はフリーには向いてない可能性が高いし、または、なれたとしても続かない可能性が高い。(人のニーズばかり気にしてると、途中で「私って何がやりたいんだっけ?」を見失って限界がきます。またものすごい「好き!」とか「これがやりたい!」という気持ちが無いと「質の高さ」を求められるフリーランスではやっていけません。 ものすごく好き、があるとクオリティを高める努力を、努力と思わず出来るから。)

 

 

同じように

 

「この講座に行ったら仕事になる?」  →   私「いえ、ならないと思います」

 

「これを受講したらこれができるようになる?」→  私「いえ、無理だと思います」

 

という回答をほぼしてます。これ、多分「大丈夫だと思いますよ」とか「熱意次第ですよ」とか(?) そういう回答を期待しているんだと推測しますが、私、何でも「大丈夫ですよ」とか無責任に励ますのって嫌いなんですよね。

 

だいたいこういう質問をしてくる人ってそういうマインドセットな時点で、どう考えても向いてないじゃないですか。私は無理だろうなと感じる人には、ちゃんと「あなたには無理だと思います」と伝えてあげることの方がよっぽど愛のある行動だと思います。 なので、無責任な励ましをしてくる人に対しては「この人、冷たい人だなぁ」という印象を私は持ちます。

 

以前海外の大学院に行こうと思っていたんですけど、たった1人だけ「今の君では無理だと思うよ」と丁寧に言ってきた人がいて、すごく愛がある人だなぁと思いました。( 「無理だよ!」ってバカにして否定してきたのではなく、ちゃんと私自身のことを知ろうとして、私の在り方や状況を見た上でその人なりに思うところとして伝えてきた、です。)

 

だって、「無理だと思う」と伝えることは、否定されたという印象を相手に持たれるリスクをきちんと引き受けないと伝えられないからです。つまり、健全な自己肯定感を持っていないと難しい。だって自己肯定感が低い人って人からの評価にグラグラするし、もし人から嫌な印象を持たれたら、そういう自分を受け入れて愛してあげられないもんね。

 

 

向いてるかどうかではなく、やると決めて動けないと無理。

 

仕事になるかどうかではなく、仕事にすると決めて動けないと無理。

 

「どうすれば出来そうか?」と考えて行動しないとフリーランスは無理だから!

 

フリーの人って自分がフリーランスに向いてるかどうか考えてからスタートしてる人なんてほとんどいないと思いますよ。ちなみに、私は自分がフリーに向いてるかどうかなんて考えもしませんでした!

 

ちょっと話がそれますが(これもよく聞かれるので書いておくだけど)、私は27歳の時からフリーランスで働いていますが、きっかけは「会社が潰れそうになったから」です。何か崇高なビジョンや熱意がありそうと勘ぐってくれる人が多いんですが、最初のきっかけはこれが紛れもない事実。会社が傾いていく様をまざまざと体感したので(翌週行ったら人がクビになって減ってるとか)、組織に依存する生き方ってすごくリスクが高いなとその時思ったんですね。

 

なので、今の自分で組織に依存せず働ける選択肢はないか、どうすれば出来そうかを考えて行動に移したわけです。まぁ、実際日々会社が傾いていってるから、「向いてるだろうか?」考えるなんて悠長なことしてる暇無かったんですけど(笑)

 

その後、続けていくうちに「今以上を目指すなら、『本当に大好きなことでなければこの先難しい』」と感じるようになり、IT →組織開発 にシフトチェンジしました。だから組織開発はいきなりフリーでやってるんですよ。どこかの会社にいたとかじゃなく。 (「どこかの研修会社にいたんですか?」もよく人に聞かれる。。いないってば。。。)

 

明日会社がなくなっても生きていけることが最大の安定でしょ。だから大企業に所属していることは、私から見たらかなりリスクが高い生き方だなぁと思います。だって大企業の仕事ってその会社でしか使えないオペレーションも多いから、潰れたら他で通用しない可能性が高いし。

 

 

話を戻しますが、私は自分なりに相手をみて「無理そうだな」と思う人には「あなたには無理だと思います」と正直に伝えるという方法で自分の愛を表現をする人です。だって、私に「無理だと思う」と言われたところで、「何だと!失礼な奴だな!自分は勝手にフリーになる!」とでも反応して行動できないなら、本当に無理でしょ。

 

誰かが迷った時、手放しで励ますだけが本当に愛からの行動でしょうか。私は時に、否定の言葉すら愛だと思います。私にとっては「否定しないで」とか「怒らないで」言われる方が苦しい。「否定もしていいし、怒っていいし、泣いていい」と言われる方がよっぽど自分を受け入れてもらっている安心感がありますね。

 

===============================
開催イベントご案内

毎月開催の寝待月の円坐、次回は24日(水) 19:00〜 です。

プロボノに関心がある方向けの交流会 プロボノでキャリアアップできる人、できない人 11月8日(水) 19:00〜

会議をよくしたい方向けのイベント
チェックイン・チェックアウトカードの体験会クリエイティブな会議のひみつ 11月16日(木) 19:00〜

対話の場づくりをしている方向けの体験研修
デザイン&体験研修 in みなかみ 11月26日(日)・27日(月)


ぜひぜひお越しください。
================================




 - げんどうゆうこの考え方