(開催レポート) 何もしなくてもあなたはただ、そこにいていい。寝待月の円座へようこそ。

先週の金曜日も寝待月の円座を開催して来ました。円座、開催するたびに好きになっていっている気がします。現在、11月まで毎月開催して行っているのですが、来月以降も企画しようと思っています。

 

円座は目的もないし、話す内容も決まっていない。開始と終了の時間が決まっているだけです。始まるとずっと沈黙の時が過ぎることもある。瞑想みたいだけれど、人の存在と気配があって瞑想とも違うし、一人の時間としても過ごせけれど、皆と共にいる時間でもある。

 

一回一回が全然違う質感と言葉があり、守人としての自分を見つめたり、非構成という場で自分をどう使うのかを探ったりと個人的には何度やってもやることがつきません。

 

 

円座の魅力は言葉で語れないのですが、先日の円座に来てくださった方が、帰りがけにこんな感想を伝えてくださいました。

 

「ただ、ここに居ていいんだと感じた。何かしなくても、何もいわなくても、居ていい。そんな感じがしました」

 

うわぁ、もうこれは嬉しいですね・・・!!

 

私、ワークショップで初対面で会った人を褒めるワークというのを過去にやったことがあり…「あ、私これ嫌いだな 」と思ったことがあるのですが、なぜなのかがこの言葉を聞いて分かった気がしました。

 

私は人ってただ在るがまま、側にいるだけで人は本来、お互いのエネルギーを交換して安心できる場を作ることができると思っているのですが、「褒めましょう」と言われると操作的に肯定感を上げましょうって言われているような気がして苦手だったんだなぁと。

 

円座でただ「ここに居ていい」場です。でも本来私たちってそうじゃないですか。ただ好きな人の側にいてゆったりと人生を過ごせばいい。

 

円座は日常で気にしないことをふと丁寧に扱うことがあるのですが、そうすると不思議なことに円座で暑かったことが日常に戻った時にちょっとした彩りを添えるものになっていたりするのです。言葉ではなかなか伝えられない円座の魅力。

 

次回は11月25日(金) 19:00〜 @用賀駅付近 で開催します。詳細はこちらからどうそ。お会いできることを楽しみにしています。===============================
開催イベントご案内


月に1度の「非構成の場」 寝待月の円坐
次回は9月27日(木) 19:00〜22:00です。
Ordinary worldの中尾聡志さんと共催


「死の対話」 〜死を見つめることは、生を見つめること〜
次回は10月10日(水) 19:00〜21:30です。
INTEGの佐々木薫さんと共催


はじめての方もぜひ、お気軽にご参加ください。
================================