わたしたちのいろ

ファシリテーター ・ システムコーチの玄道優子のブログ。自分自身と他者の関係性を探求する私が、本音ばかりを語ります。

*

  • Facebook
  • Twetter
  • RSS

一人旅って何が楽しいの? 一人旅こそ最高に「一人ではない」人生を感じられると思います

      2016/10/14

今年のGWは久々にバックパッカーで一人旅してきました。ただゆっくりするだけが目的だったので、一人旅と言ってもネパールの村でぼーっと本を読んでいただけなのですが…。

 

私が「 ちょっと一人で飛び立ってくる (^^)/ 」と周りに告げた時によく言われることが

 

 

「一人旅、私は無理だな〜寂しくなっちゃうし」
「一人旅ってどうやって楽しむの? どうして一人で行きたいって思うの?」

 

 

ということ。実際一人旅していても知らない人に「おい、お前どうして一人でいるんだ」と言われたり、宿に泊まろうとしたら「友達はどこ?」とか言われたりします。

 

私からすると「え?どうして皆一人旅したいって思わないの?意味が分からない…(´・ω・`)?」という感覚です。だって、一人旅こそ、最高に「一人ではないこと」を感じられるのに。

 

美しい風景をみた時、美味しいご飯を食べた時、面白い人、ものを見つけた時、共有したい誰かが心に浮かぶ、それって自分の人生が一人ではないことの何よりの証だと思います。

 

感動的な風景を携帯で写メを撮りながら「あぁ、この景色をあの人に送ってあげたいなぁ」とか、ご飯を食べながら「これは、うちの妹が好きな味かも」とか、お店をめぐってお土産を買おうかなと思った時に誰かの顔が浮かぶとか。

 

自分の喜びを共有したい相手こそ、今の私の人生で大切にしたい人たちなんだと一人で浸りきることができる。これって最高に幸せだと思います。

 

 

また、私たちが一人旅できるのは安心して一人になれる環境があってこそ。
「いってらっしゃい」「気をつけてね」と言ってくれる人がいて、そして「おかえり」と言ってくれる人がいる。

 

 

毎回、「おかえり!」と言ってくれる人の存在は一人ひとりハグしてまわりたいくらい、嬉しいものです。

 

 

もちろん、一人旅なのですべてを自分の気分次第で決められる自由さとか、内省しまくれて楽しすぎるとかもあるのですが、それ以上に「あぁ、私の人生『決して一人じゃない』と生きる力がみなぎってくる。だからこそ私は一人旅が大好きです。

 

 

もちろん、自分の好きな人が隣にいて「この景色、最高!」と喜びを爆発させるような旅も大好き。けれどもやっぱり、たまには一人旅がしたいな。

13149983_996172627117811_1885739739_n

13140951_996172623784478_1856237777_n

13115393_996172610451146_977751119_n

13149961_996172637117810_225163167_n

今回行ったのはネパールのポカラ&バンディプールと言う街。バンディプールはカトマンズ〜ポカラのバス(500R)に乗り、ドュムレで乗り換えて乗り合いバス(50R)に乗ると辿り着きます。

===============================
2016年1〜3月の 人気記事

私がかつて持っていた日本人の常識リストはこちら! 多様な人と協働できる人を育てたかったら途上国に放り込んでみよう!

「誰かのため」ってそれ、本当? システムコーチングも研修も、NPOの活動だって、私はすべて「自分のため」

姉は自力で、妹は他力で進む!?  3姉妹の長女の私が妹から学んだ人の活かし方
================================

================================
初めての方へ

システムコーチングなら
システムコーチングをしてもらったらどうなるの?

ファシリテーションなら
チェックイン・チェックアウトって何で必要なの?
=================================

===============================
開催イベントご案内

毎月開催の寝待月の円坐、次回は24日(水) 19:00〜 です。

プロボノに関心がある方向けの交流会 プロボノでキャリアアップできる人、できない人 11月8日(水) 19:00〜

会議をよくしたい方向けのイベント
チェックイン・チェックアウトカードの体験会クリエイティブな会議のひみつ 11月16日(木) 19:00〜

対話の場づくりをしている方向けの体験研修
デザイン&体験研修 in みなかみ 11月26日(日)・27日(月)


ぜひぜひお越しください。
================================




 - 旅行