わたしたちのいろ

ファシリテーター ・ システムコーチの玄道優子のブログ。自分自身と他者の関係性を探求する私が、本音ばかりを語ります。

*

  • Facebook
  • Twetter
  • RSS

こんなクライアントはお断り!あなたがコーチングを受ける前にまずすべき大切なこと

      2016/10/12

今日はタイトルは「コーチングを受ける前にすべき大切なこと」となっているのですが、普段私が大切にしていることについて書いてみようと思います。

 

私はシステムコーチングという、チームのメンバーが本音を言い合える関係性に導いていくコーチングを行っていますが、明確に「こんなクライアントはできません」を持っています。

 

 

それは、「自分の内面を感じることが出来ない人」 ( もしくは、感じようとしない人 )

 

 

コーチが問いかけをして、クライアントがその問いの「その人にとっての回答」を探っていくことが出来ない場合、コーチングが成り立たないからです。コーチングって別に魔法じゃないし。

 

 

しかもコーチングを受ける時の最大のポイントって感じることなんです。考えることじゃなくて。

 

例えば、コーチングもシステムコーチング ( コーチングは1対1、システムコーチングは1対複数 ) もどちらも「制約を外して理想的な状態を描いてもらう」関わり ( ワークをやったり、問いかけをしたり )があるのですが、これって

 

 

「うーん、理想的な状態ねぇ…なんだろなんだろ…   ( とうんうん頭で考える ) 」とその人なりの発見や気づきはあっても、深い変化にはつながりません。

 

 

ぼーっとしながら理想的な状態、と問われて浮かんでくる状態をワクワク感じる、体感する」ということの方が100万倍大切なんですね。

 

なぜなら思考よりも感情のほうが人の行動の源泉になるから。恋愛で例えると分かりやすいと思うのですが、大好きな人にバレンタインデーのチョコレートを作るという行動の源泉って「思考」ではないですよね?  あれを作ろう、こんな感じで渡そうと考えるのは思考であっても、それを実行した時の大好きな人との時間を先に(妄想で)「感じる」からそのドキドキやワクワクが行動の源泉になるのです。

 

 

ちょっと話が逸れましたが、コーチングは「自分の内面を感じることが出来ない人」が受けてもあまり意味がありません。

 

 

「それができるようになるために受けるのがコーチングなんじゃないの?」という人がいるかもしれませんが、そもそもコーチングを受ける前に出来る大切なことがあります。

 

 

 

それは「五感を拓くこと」

 

 

そのためには五感を意識して使うことです。

 

 

 

「えぇー!そんなこと?」と思われたかもしれませんが、私、五感を拓くことはコーチングを受けるよりも何百倍も大切だと思っています。なぜなら、現代社会は五感を麻痺させることがあまりにも多いから。気付かずに五感の力って弱くなっていて、これが「自分のことが分からない」人を生み出す要因の1つだと思っています。

 

 

TVとか見ていてもファブリーズのCMとかあと最近柔軟剤とか流行っているけれど、あぁいう人工香料も五感を麻痺させる一因だし、(ファブリーズ 毒性とか安全性とか調べたらすぐ分かると思います) コンビニに売っている食べ物とかもそうですね。 携帯を見ながらご飯を食べることもそうだし、ずっとPCに向かっていることもそう。

 

もし、「自分のことがよく分かりませーん」って人がいたらこれらを辞めてみることが最初の一歩です。人工香料をなるべく排除して(特に香りは思考を通さず本能に働きかけるので重要)みましょう。 しばらくすると、柔軟剤の香りがすごい臭いってことに気づくはず。

 

しばらくコンビニのご飯や肉を食べずに過ごしたり、短期間でいいのでちょっとストイックにマクロビ食など健康にいい食事にしてみてください。しばらくすると、コンビニに入った時、牛丼チェーン店などのお店を通った時に何か変な匂いがするって気づくはず。

 

 

別に私もこれらをすべて実践しているわけではないですが、五感に対する意識は割りと意識しています。ご飯を食べるときに、味わうことを意識したり、ふわふわしたものを触るときの触感、誰かとハグした時の感触とかを丁寧に感じるようにしたり。

 

 

自分の五感を大切にしていると、喜怒哀楽の感情が感じやすくなったり、自分の内面の声や感覚がキャッチしやすくなります。コーチングを受けるならこの状態で受けたほうが効果が高いですよ。逆に言うと、五感が麻痺しているとコーチから問われても「感覚」「感情」レベルで捉えることがそもそも出来ないので、あまり効果がないと思います。 (「思考レベルで発見があれば良いんです」というなら別ですが)

 

 

私のクライアントの方にはほぼいないのですが、ごくたまにコーチングで、問いかけても「うーん、何にも分かりません!」「何も浮かばないです」「そうですねぇ・・(と言って何も出てこない)」を連発している人がいます。問いかけても回答が出づらい問いもあるので、何も出てこないことがいけないとは思っていないのですが、そもそも「自分を感じる」もしくは「少なくても感じよう」としない人はコーチとしてもお手上げなのです。

 

 

今、この瞬間あなたは何を「感じて」いるでしょうか。ここ最近喜びや悲しみを「感じた」のはいつでしたか。

 

自分自身を生きるなら、自分が何を感じているかをキャッチできなければ、はっきり言ってお話になりません。五感を意識するということは「今すぐ」出来ること。ぜひ、今この瞬間から意識してみてください。

 

=================================
お知らせコーナー

3月12日(土) 1Day
ファシリテーションを支える会議の技術
=================================

=================================
初めての方へ  人気記事のご紹介

システムコーチングなら
システムコーチングをしてもらったらどうなるの?

ファシリテーションなら
チェックイン・チェックアウトって何で必要なの?
=================================

===============================
開催イベントご案内

毎月開催の寝待月の円坐、次回は24日(水) 19:00〜 です。

プロボノに関心がある方向けの交流会 プロボノでキャリアアップできる人、できない人 11月8日(水) 19:00〜

会議をよくしたい方向けのイベント
チェックイン・チェックアウトカードの体験会クリエイティブな会議のひみつ 11月16日(木) 19:00〜

対話の場づくりをしている方向けの体験研修
デザイン&体験研修 in みなかみ 11月26日(日)・27日(月)


ぜひぜひお越しください。
================================




 - げんどうゆうこってこんな人