わたしたちのいろ

ファシリテーター ・ システムコーチの玄道優子のブログ。自分自身と他者の関係性を探求する私が、本音ばかりを語ります。

*

  • Facebook
  • Twetter
  • RSS

強い関係性はデザインや計画の足りないところを乗り越えさせる。 あなたのチームが関係性に力を入れなければならない理由

      2016/10/14

最近、ちらほら「システムコーチングに興味があります」という問い合わせをいただくようになりました。
中には、このブログで「システムコーチングを知りました!」という方も! (わーい(^^)/)

システムコーチングは、まだあまり手法が知られていない & よく分からない(笑) ものなので、「関係性にアプローチするものです」と伝えてもピンとくる人、全くこない人と結構分かれます。

あと、関係性の重要性は何となく分かっていても「お金払ってまでコーチを呼ぶ必要性は…」と言う人も多いですね。

 

ただ、関係性も組織のマネジメントにおいて、とても大切な要素の1つです。最近読んだ「入門 組織開発」( 中村和彦氏 著 )にも、組織のマネジメントには主に下記の6つが大切だと述べられていました。
( 図を引用させていただきます )

スクリーンショット 2015-09-17 17.56.57

組織の課題は主に、ハード面とソフト面に分けられ、ハード面は戦略や構造( 部署などの組織デザイン)、会社の制度や業務手順などを指しており、ソフト面は人やその関係性を指しています。ハード面は戦略コンサルタントなど、外部の方にお金を払って、社外の人と一緒に検討することはよくありますよね?人に対しても研修講師の方を外部から読んできて社員教育を行なうことも普通だと思います。

( 「・・・関係性も時には外部からコーチを呼んで下さい・・・(;_;) 」) 

 

今、全システムコーチの心の叫びを私が代わりに書いておいたんですが、なぜか関係性になると途端に自分たちで何とかしようとすることが多いです。確かに素晴らしい戦略は自分たちじゃ思いつかなくても ( = なので外部の力を借りたい ) 、コミュニケーションって自分たちでとれると言えばとれるので…まぁ、あれですよね。なんで外から人呼んで自分たちの関係性をほじくるんだって話ですよね…。

 

ですが、戦略も第三者の視点が組織に新しい発想を与えるのと同様、関係性も第三者が関わることでチームの可能性を拓くことができます。当事者同士では話せないことも、外部のコーチが問いかけたり、またはワークを通じて間接的にだったら伝えやすくなると言えば分かりやすいでしょうか。

 

しかも、関係性は戦略や業務を実行するための基盤となるもの。どんなに完璧な計画があったとしても、関係性の弱いチームではきちんと実行に移すことはできません。例えば、何人かでイベントを企画しよう!となったとき「何をしようか?」と Doのみを話すより、「自分たちはどういうチームでいたいのか?」「お互いにどんなコミュニケーションをとりあいたいのか?」というチームの関係性を先に扱ったほうが一見遠回りに見えますが、実は早いのです。

 

今年参加した Art of Hosting Nagatoroのホスティングチームの準備合宿は6-7割位、対話やワークを通じて関係性を作る時間でした。また、システムコーチが何か、プロジェクトを行なうときなどは、最初にチームでシステムコーチングを受けてからどんなプロジェクトにしていこうか進めたりします。私も誰かとプロジェクトをするときにはシステムコーチを受けてから始めることが多いです。つまり、関係性を重視している人はこれくらい先に、時間をかけて扱うこともあるということですね。

 

普段仕事のやり方の改善ばかり考えている人からしたら、自分たちの関係性について話しているとか意味が不明だと思いますが…。それくらい本来は関係性は重要です。

 

強い関係性はデザインや計画の足りないところを乗り越えさせる。
しかし、良いデザインと計画は悪い関係を乗り越えることはできない。

この言葉は私が Art of Hosting Fukushimaに参加した時に目にした言葉で、それからずっとシステムコーチングをするときに心に留めているものです。強い関係性があるチームは、例え最初の戦略や計画がいまいちでも、お互いを支え声を掛け合い、「やり方」も改善していけるチームなのです。

チームビルディングがしたいとき、お互いのコミュニケーションが上手く言ってないと感じるとき、何となく日々いそがしすぎて「やること」にしか目が向かなくなってきたとき、チームのメンバーの本音がわからないとき、ぜひ私たちシステムコーチにお声かけください。

===============================
開催イベントご案内

十六夜の円坐 平日の夜、静かなひとときをご一緒しましょう。
9月6日(水) 19:00〜です。

ぜひぜひお越しください。
================================




 - 関係性のメンテナンス , ,